スポンサーリンク

モロッコ・アラブ系のスーパーマーケット【Aswak Assalam】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。あゆ(@veganmaroc)です。

現在モロッコに住んでいます。

 

モロッコでは基本的に日本や欧米などの先進国で見られるような「スーパーマーケット」が基本街中にありません。

野菜やフルーツ・パンなどのスパイスなどの食材は市場で売っていて、鳥をそのまま飼育していて、肉や卵が割とそのままの状態で売られています。

 

新鮮な状態でスーパーのように綺麗にな状態でパッケージ販売はされていません。

日用品など必要なものは全部道端で小さい商店にて売られています。

 

詳しくは下記記事で語っています。

ゼロウェイスト・エコな暮らしが可能なモロッコ
メディナの地元民の買い物の様子からは無駄な食品破棄の防止や、エコでサステイナブルな暮らしを学びました。プラスチックで包装された食品もプラスチックバックもなく、自分の好きな量を好きなだけ買えます。コミュニケーションの場でもあるメディナでの買い物は日本のスーパーよりも実は自由度があると思います。

 

多くの地元民はだいたいこういう自営業・個人経営のお店で買い物をしますが、もちろんモロッコにも一般的なスーパー会社は数少ないですが存在します。

カサブランカやラバトなどの首都圏に行けばショッピング・モールなどがたくさんあります。

 

その中でもフランスのチェーン会社「Carrefour」はモロッコの中でも最も有名で、ヨーロッパにもあるスーパーですね。

Carrefourへの行き方【エッサウィラでお酒を買うなら】
フランス会社の大型スーパーはモロッコで現代的な買い物をしたい方にオススメです。大体どこの街にもあり、お酒も日本食もある程度売っているので便利。エッサウィラのオールドメディナからもとほで行ける距離にあります。ローカルすぎる遊園地にも注目。

 

 

しかし「Carrefour」以外にもモロッコのスーパーマーケットの会社はあります。

それが「Aswak Assalam」というアラブ系の会社です。

読み方は「アスワックアッサラーム」

 

私が住んでいるエッサウィラの新市街にあります。

営業時間帯は朝9時から夜10時まで。

クレジットカードでの支払いが可能。

 

 

品揃えとしてはフランス系のスーパー「Carrefour」よりも、アラブ系のブランド商品が多いです。

商品の記載もアラビア語文字が多かったです。

ヨーロッパからの商品よりも安いので、私はこちらを多く利用しています。

 

 

「Carrefour」はスーパーという感じですが、「Aswak Assalam」はデパートのような品揃え。

食材はもちろんのこと、電子レンジや洗濯機、寝具、カーペットなどIKEAのような役割も果たしています。

 

1DH =12円です。

このお値段が高いのか低いのかわかりませんが、外国人で家具など1から揃える必要があったら、下手に路面の家具屋さんよりもこういうデパートで値札がついているものを選びたくなりますね。

 

 

日本の製品などもあってなんだか懐かしくなりました。

モロッコでも電化製品や車は日本のブランドを見ることが多いです。

日本の製品は信用度が高いそう。なんだか嬉しくなりますね。

 

おもちゃや文房具、下着や洋服などもありました。

 

 

モロッコにしては珍しく試着室もありました。

 

 

ベーカリー・パン屋さんもありますが、新鮮ではないし、美味しくなさそうだし、高いし、こういうのは路面にあるお店のを買うことをお勧めします!

 

 

これは絶対。もちろん野菜やフルーツ、お肉やお魚も。

食材は市場のが一番です。

 

 

客層は欧米のお客さんが少なく、モロッコ地元民が多かったです。

場所もエッサウィラのローカルが多く住んでいるエリアだったので余計だったかもしれません。

Carrefourの方が高級感があり、外国人向けという印象です。

生活用品など一気に揃えたい場合はこう言うデパートでの買い物が楽かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました