スポンサーリンク

バナナリーフカレーとは?マレーシア・クアラルンプールでおすすめのレストラン

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。あゆ(@houriajewels)です。

 

マレーシア観光厨二絶対お勧めしたい料理。

バナナリーフカレー

 

バナナリーフカレーはマレーシア名物でぜひきたら食べて欲しいです。

インド系の料理でマレーシアの食材やスパイスも使っている、まさにマレーシア 流のインド料理といったところ。

 

マレーシアにある南インド料理も是非お試しください。

 

クアラルンプール観光・グルメに関してはこちらの本がお勧め↓

クアラルンプール マレーシア (タビトモ)

価格:1,100円
(2019/10/20 16:55時点)
感想(0件)

ママック(Mamak)

ママック(Mamak)インド系マレーシア人のムスリムの食べるレストランを指しています。

 

マレーシアにいるインド系の民族はヒンドゥー教だけではなく、ムスリム教徒もたくさんいます。

インド系の屋台やレストランの中にコーランやアラビア語書道の掛け軸やアートなどが飾っているところを見たことがある方はわかるかもしれません。

 

そんなママック(Mamak)で食べるマレーシア名物、バナナリーフカレーは見た目も美しく、バナナの葉から香るアロマと、カレーのスパイスは絶妙なコンビネーション

出来立てのバスマティライスと一緒に食べるインド系マレーのカレーはとても美味しくオススメです。

 

クアラルンプールでオススメのハラル対応のレストラン
1.Fathima Banana Leaf, Bangsar

 

 

日本人駐在員が多く住む バンサー(Bangsar)はクアラルンプール んかでも都会でリッチな雰囲気。

韓国人駐在員も多く住んでいます。

バンサー(Bangsar)はインドカレーの名店も多くあり、おしゃれなカフェなどもあってグルメにはたまらない地区でもあります。

 

バナナリーフカレーの有名店、Fathima Banana Leafはバンサー(Bangsar)駅の近くにある有名店です。

座ったらまずバナナの葉が用意され、カレーを店員さんが盛り付けてくれます。

 

おかわりも自由で、無くなったらすぐに持ってきてくれます。

もちろん断ることも可能。

受動的なバイキングといった具合です。

 

アクセス

住所

20, Jalan Bangsar Utama 1 Bangsar,

Jalan Bangsar Utama 3, Bangsar,

59000 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, Malaysia

 

ベジタリアン向けのバナナリーフカレー
2. Bala’s Banana Leaf

 

こちらのお店もハラル対応

バナナリーフカレーと言っても、メニューは複数あり、例えばチキンやビーフ、マトンなどお肉の種類を選ぶことができます

また私は外食ではできるだけベジタリアン・ヴィーガン向けのものも選択しているので、ベジタリアンカレーのオプションもあったのも嬉しいところ。

 

通常お肉が入っているカレーはひよこ豆、ダールカレーになっていて、お野菜の絡みの聞いた揚げ物が副菜でした。

インド系のお店はベジタリアンメニューがあるのが、もはや当たり前。

お肉を食べるのと同じくらい十分満足感がありました。

 

MTR レトルトカレー 選べるお試し3品セット ≪簡易パッケージ≫日本正規販売店 ,インドカレー,1000円 ポッキリ,神戸スパイス,ゆうパケット便送料無料

価格:1,000円
(2019/10/20 16:56時点)
感想(128件)

アクセス

住所

 21, Lorong Ara Kiri 1, Lucky Garden,

59100 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, Malaysia

 

TEL+60 3-2201 7107

営業時間:AM7:00〜AM00:00

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました