スポンサーリンク

【海外女一人旅】モロッコ・フェス(FES)・オススメのレストラン・カフェ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。あゆ(@houriajewels)です。

 

モロッコのフェスへ女一人で旅行に行きました。

フェスのメディナ・旧市街にあるおすすめのレストランを一挙紹介します。

 

モロッコ周遊・観光に関してはこちらの本がオススメです↓

GENIC TRAVEL Vol.04 – Wander in MOROCCO / Aiai (Book) 【本】

価格:1,650円
(2020/8/11 14:46時点)
感想(0件)

モロッコのバラ色の街マラケシュへ Marrakech Guide Book (旅のヒントbook) [ 宮本薫 ]

価格:1,980円
(2020/8/11 14:47時点)
感想(5件)

 

San Gusto

私がお店に行った時はお客さんが私しかいませんでした。

お店の外観がネオンで輝いていて、キラキラだったので、メニューを見ないで入りました。

見た目の可愛さと、入りやすさ、雰囲気重視で基本レストランは選んでいます。

メニュー自体は充実していて、タジンからクスクス、パスティーラなどモロッコの伝統料理はもちろん、パニーニやバーガーなどスナック系の西洋メニューもたくさんありました。

WIFIもあって、しかも強かったです。

 

この日はベジタリアン・タコスを注文。

価格は25DH(300円ほど)と良心的。

モロッコのフレンチ・タコスについてはこちらの記事で熱く語っているので、よかったら見てください。

【フランスのファストフード】モロッコのタコスはケバブ?メキシカンではない?
クスクス・タジンばかりでモロッコ旅行ではモロッコ料理ばかりで飽きたという方は、ファストフードにチャレンジすることをお勧めします!モロッコのタコスは皆さんが想像しているようなメキシカンなタコスではなく、フランス発のケバブのようなタコスです。

 

食事は注文してから作ってくれるので、10分くらい待ちました。

しかし旅先でWIFIを久しぶりにゲットできたし、出来立てで丁寧に作ってくれると思うと、待ち時間もワクワク。

 

出来上がったタコスに、フライドポテトと三種類のチーズソースとかなりゴージャス。

タコスもかなり大きかったです。

日本でこの価格で、この量は期待できません。

モロッコのレストランの食事の量の多さは、相変わらず毎回期待以上です。

 

店員さんはモロッコ人の若い女の子二人。

もちろんマニュアルがあってその通りにやっているだけなんでしょうけど、モロッコ人って普通の人でも料理のレベルが圧倒的に高いです。

やっぱり自炊・手料理の習慣がついている国って良いなあと改めて思います。

 

 

お値段:20~50dh

現金のみ支払い可能

 

住所:Derb Ben Salem, Fes

TEL: 0632-326329

営業時間:12:00–23:45

 

ビサラ

ビサラも毎回旅行先の朝食で食べていました。

ビサラや作り方についてはこちらの記事で詳しく書いています。

【ビサラ(Bissara)のレシピ】モロッコ料理・そら豆を使ったスープ
ビサラ(Bissara)というそら豆をペースト状にしたドロドロのスープはモロッコ北部で人気の朝食メニューです。パンにディップして食べるのが美味しい。またヴィーガン・健康食としても有名で、風邪の時やラマダン明けの最初の食事としても食べられています。

 

フェスはモロッコの北部に一しているのでビサラが有名&人気。

モロッコのホテルやレストランは朝食メニューにパンしか出さないところが多いので、低価格であったかいスープを朝飲みたいと思った時はビサラがお勧め。

 

北部でなくても街のどこかに必ずあるはず。

大鍋でグツグツしているレストランを見つけたらチャンス。

 

 

クナーファ・ピスタチオ

メディナにモロッコ・中東デザートを販売しているお店があったので、そこで「クナーファ・ピスタチオ」を注文しました。

こちらはトルコのお菓子なのでモロッコのではありませんが、アラブ圏全体で親しまれているデザートです。

価格は10DHと現地価格にしてはお高めですが、日本では100円では食べられません。

蜜がたっぷりで甘々で美味しかったです。

 

インドのお菓子とも少し通じるところがあると思います。

中東デザートについてもこちらの記事で語っています。

中東スイーツ・アラブのお菓子を紹介【アラビアンスイーツ図鑑】
中東スイーツ・アラブのお菓子を紹介。アラブのお菓子の材料は、ローズウォーター・蜂蜜・カスタードクリーム・シロップ・くるみ・アーモンド・ピスタチオが主流。中東のお菓子はシロップや蜂蜜で浸されたものが多いため、とてもリッチな味わいです。またアラブ料理ではよくピスタチオやナッツ類が使われているのも特徴。甘いですが上品な味わいで、苦いアラビアン・コーヒーとよく合います。

 

CHEZ HAKIM

フェスのメディナの中心値にあるお店、CHEZ HAKIMでベジタリアン・ピザを注文しました。

ここのお店はガイドブックにも載っていて、トリップアドバイザーでも高評価なのか、お客さんが全員外国人。

 

メニューも英語・スペイン語・フランス語と充実していました。

もはやダリジャ(アラビア語)がなかったです。

ピザの前にスターター(お通し)が無料でついてきました。

オリーブとニンジンのみじん切りしたもの、パンとお豆の前菜と盛り沢山。

 

パンは手をつけませんでしたが、前菜は完食。

モロッコだとパンは本当にプライスレスで、レストランに行ったら必ずと言っていいほどついてくるのですが、お客さんはみんな残しているような気がします。

食べている人をほとんど見たことがありません。

ピザはスモールサイズで、一人前にぴったりでした。

モロッコのピザは美味しくないという外国人結構多いのですが、私は普通に好きです。

生地は薄く、日本人の好きなモチモチ感覚はありませんが、サクッと食べるのにちょうど良い感じ。

 

モロッコではタジンやクスクスは料理という感じでずっしりとした量ですが、ピザやパニーニはスナックとみんな言っています。

多分量的にも感覚的にも軽く食べるものだから。

お通しも含めて全部で25DH(300円)で、雰囲気も良い広々としたレストランだったので、文句なしです。

 

お値段:20~50dh

クレジットカード支払い可能

 

住所:Rue de la poste, Fès

TEL:0648-488232

営業時間:08:00–00:00

金曜日祝日

コメント

タイトルとURLをコピーしました