スポンサーリンク

【Darkroom8 : クアラルンプール】マレーシア・海外でフィルムを現像する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。あゆ(@houriajewels)です。

 

デジタル写真が主流の世の中ですが、フィルム・アナログカメラを利用している方もまだいると思います。

日本では小出カメラやビックカメラなど大型チェーン店で気軽にフィルムの現像ができます。

 

しかし、海外でフィルムの現像となると、悩むところ。

というのも、富士フィルムなどは日本製ですし、日本は世界的にみても、アナログカメラが盛んな場所です。

 

フィルムカメラユーザーの私が、マレーシアに使っていたアナログカメラのお店。

クアラルンプールでフィルムの現像ができる場所を見つけたので、紹介します。

 

Darkroom8

住所

62, Jalan Galian, Taman Miharja,

55200 Kuala Lumpur

 

LRT- Maluri 駅(徒歩1分)
MRT- Maluri Station Pintu B 出口から徒歩3分
*駐車無料

 

営業時間

(月)(火): 10:00-18:00 
(水)〜(日): 10:00-20:00

 

カメラ屋さんというよりも、現像屋さん。

路面店になります。

 

ウォーク・インでも、フィルムロールを郵送で送ることも可能

 

マレーシア国外からの利用可能

マレーシア在住でなくても、世界的にフィルムの現像は受け付けています

もし海外在住で、フィルムの現像場所が見つからなかったら、マレーシアの店舗にフィルムを送るのもアリです。

 

実際に郵送で、ヨーロッパ、アメリカから送っている顧客がいるようです。

 

混雑状況にもよりますが、1日以内には完了するそう。

 

データをダウンロードできるリンクをメールにて送ってくれます。

データは指定の銀行口座に入金した後にダウンロードできるようになっています。

写真一枚のサイズが5MBほどあります。

(日本だと大体700KBほど)

 

データが大きくて高品質なところが魅力的です。

料金

白黒・カラーフィルム現像代
★フィルム一本:RM12.80 (約330円)

 

ちなみに日本ではフィルム一本現像に千円以上はします。

 

場所

現在は路面店ですが、最初はCafeETCという喫茶店の二階にありました。

この喫茶店もPasarSeni駅から2分ほどのところにあります。

 

当時のラボはこんな風に作業所という感じでした。

実際の写真はこちら↓

 

ちなみにPasar Seniというのはマレー語でArt Market(芸術市場)という意味。

たくさんのアーティストが集まっている街です。

 

タトゥーショップや絵画を売っているお店もたくさんあります。

チャイナタウンが位置しているところで有名ですが、アートの一面でも素敵なPasar Seni。

マレーシアにフィルムの現像機械が全然なくて困った

日本にはカメラのキタムラ、コイデカメラやヨドバシなど、日本は気軽にフィルムを現像・プリントできるチェーン店がたくさんあります。

 

日本のフィルムの強さを実感したのはマレーシアへ渡航してから。

私はデジタルではなく、主にフィルムカメラを使っていました。

 

なので慣れない土地で、現像場所を見つけるのはとても苦労しました。

首都のクアラルンプール、大型電化製品とかカメラ屋さんいけば普通にあるでしょ?と思っていたけど、なかなか見つからないです。

 

KLの中心部にある電化製品ばかり扱っている最大のモールを何件か回利ました。

フィルムカメラを扱っているものの、どこも現像自体はしていないとのこと。

 

Bukit BintangにあるISETANの富士フィルムにも行ったのですが、ここでも現像する機会自体は置いていない。

スタッフにKLで現像できるところは?と聞いたところわからないとの答えが

 

そんなこんなで現像は諦めていていた数ヶ月後、マレー人のアーティストの友達からオススメされたのが、Darkroom8

 

オーナーは中華系マレー人でタトゥーがとても素敵でした。

カスタマーサービスも良いし、気が利くし、何よりアナログカメラへの愛が伝わってきます。

 

わからない事とかあったらなんでも教えてくれるし、最近ではWork shopも開いているようでどんどん規模も大きくなっています。

これからも楽しみな店舗です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました