スポンサーリンク

イスラム教徒・ムスリムにとって挨拶が重要な理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。あゆ(@houriajewels)です。

 

新興宗教作ったよ!いいね押してね

▼目次

イスラムにとって挨拶は重要

イスラム教徒・ムスリム間での挨拶とその挨拶への返答方法は独特です。

その挨拶用語は本来アラビア語からのものですが、世界中のイスラム教徒が使用しています。

人々がアラビア語と聞いて、イスラム教をイメージするのはここにあるのかもしれません。

 

As-Salamu-alaikum(アッサラーム・アライクム)

この挨拶に対する返事の言葉は「ワレイコム・サラーム」です。

コーランとハディースの聖典(預言者ムハンマドの言行録)は、何度も挨拶することの重要性を説明しました。

イスラム教の挨拶の起源

クルアーンの聖典を見ると、アッラーはコーランで、

「あなたが自分の家に入るとき、お互いに敬礼を払い、アッラーからの清らかさと祝福を伴うイスラム教の挨拶をします」

「天使の挨拶はサラームになります。」

とクルアーンで教えています。

 

ハディースの中で、聖預言者ムハンマドは、

「私を信じてください、信者でなければあなたは楽園に入ることはできません。

お互いを愛さなければ、信者になることはできません。

あなたと他人の間に愛を創り出す方法は「サラーム(平和)」とお互い伝え合います。」

 

ムスリムにとっての挨拶はお互いに愛と敬意を伝える日常の小さな儀礼のようなものであります。

挨拶によってイスラム教徒間の幸福と共感の絆が生まれます。

それは、イスラム教国家間の絆も育てます。

ムスリム間の挨拶のルール

挨拶にはいくつかの社会的ルールがあります。

特定の場所に入った時、座っている人は入ってきた人に挨拶しなければなりません。

 

例えば、老若男女が外で会う場合、老若に挨拶するのは若者の義務です。

同様に、息子は彼の父と他の古い親類に最初に挨拶します。

アッラーは、誰かから挨拶を受け取るときはいつでも、彼があなたに挨拶した方法以上に彼に挨拶しなければならないと言っています。

イスラムの挨拶と返信

挨拶は、私があなたに害を及ぼさないという意味を持っています。

返答の挨拶にも、私があなたを傷つける意図はないという意味があります。

それはムスリム同士の、安心感、喜び、そして幸福感に基づいた強い絆を生み出します。

 

「あなたに全能のアッラーの平和、彼の慈悲、そしてあなたに神からの祝福がありますように。」

これらの言葉によって、イスラム教徒は他者に快適さと安らぎを提供します。

必然的に、それは両者の歓迎の感覚も生み出します。

 

挨拶についての標準的なルールがあります。

少年と長老がいる場合、長老への挨拶と敬意は少年の義務です。

息子と父親がいる場合、父親に挨拶するのは息子の義務です。

学生と教師がいる場合、教師に挨拶するのは学生の義務です。

 

預言者ムハンマドは、「サラーム(平和)」という挨拶を道行く人や他人など、なるべく多くの人に言うべきといっています。

子供には親からお互いに挨拶する重要性を教える必要があり、イスラム圏にとって挨拶は重要だと認識しています。

ハディースによる挨拶の重要性

ハディースによると、挨拶に価値と意義を与える言葉がたくさんあります。

 

「イスラム教徒はお互いに出会って握手し、離れる前に罪を忘れます。」

アッラーがこの状態で私たちを見たときに、お互いに挨拶する方法のおかげで、アッラーは喜びを感じ、私たちの罪を忘れます。

 

「ムスリムに対する他のムスリムの権利は、挨拶に対する返答である」と述べています。

預言者ムハンマドはお互いに笑顔で挨拶するのが習慣であるべきと述べました。

ハディースとコーランの聖典によると、「ムスリムの楽園の人々は同じ言葉でお互いに挨拶するでしょう。」と述べています。

 

アッラーはコーランで、「門の近くになると、門は広く開かれ、門はこれらの挨拶の言葉で歓迎します」と述べています。 

同様に、「イスラムを信じ続け、正しく行動した人々は、永久に主の承認なしに川が速く流れる庭に入ることができるでしょう。その挨拶の言葉はサラーム(平和)になります。」

 

別の場所で、アッラーはクルアーンで次のように述べています。

「私たちを信じ続け、誰の家にも入らないでください。要求されるまで、挨拶されるまでは、自分の家に入れないでください。」

アッラーはまた、コーランで「As-Salamu-alaikum(アッサラーム・アライクム)、あなたが辛抱強く生まれてきたこと、そのあなたの目的地は美しい。」と述べています。

 

コーランによる挨拶の重要性は、ムスリムにとって明らかです。

アッラーはそれをイスラム教の本質的な一つであるサラの一部にしました。

イスラム教徒への挨拶に関するガイドライン

イスラムの挨拶はアラビア語の起源を持っています。

全世界で、イスラム教徒は同じ言葉でお互いに挨拶します。

 

しかし東南アジアのイスラム圏など、アラビア語に慣れていないため、間違った言葉を言うことがよくあります。

これらの間違った言葉は時々間違った意味を構成します。

トルコで使われている Sama Lakum(サマ ラクム)は間違った言葉ですが、挨拶を表すためによく使用されます。

これは「Asalamun Alikum」を崩した形です。

 

一部の人々は、アラビア語の挨拶は、他の国の言語の人々によって異なる表現を用いるべきではないといっています。

コーランによる挨拶の表現はAssalamun Alikumであり、難しいことではありません。

発音のミスを防ぐために、この挨拶の言葉を統一する必要があります。

ムスリム間の挨拶のマナー・禁止事項

挨拶されるのを待たずに、自ら進んで最初に挨拶することが勧められています。

挨拶は幸せと喜びの気持ちを生み出すものです。

 

若者は長老たちからの挨拶を待たずに、先に長老たちに挨拶するべきです。

これは長老たちへの名誉の本質的な概念によるものです。

彼らに挨拶することへのを幸せに感じるべきと教えられています。

 

祈りを捧げる間、部屋や他の場所で誰かに挨拶することは、シャリアによって禁止されています。

イスラムでの挨拶には、人々が美しく答えるのが一番です。

また、少年や少女がお互いに挨拶をすることは許されません。

常にベストな方法で挨拶に返答する必要があります。

なので排便を目的としているトイレの中や洗面所にいる人に挨拶してはいけません。

 

イスラムの挨拶は、コーランと楽園の人々の言葉です。

全能のアッラーの祝福と報酬を共通にし、憎しみの影響を軽減します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました