スポンサーリンク

【国際遠距離恋愛】国内に恋人がいても海外就職・留学を勧める理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。あゆ(@wabisabimaroc)です。

 

海外就職する際によく上がったトピックのひとつ、恋愛

「恋人はどうするの?遠距離?」「将来は向こうの人と結婚するつもりなの?」

私のように独身・20代女性なんかは特にこのような話題が上がってくると思います。

今回はたとえ遠距離でも海外就職をするべき理由を述べたいと思います。

 

▼目次

新興宗教作ったよ!いいね押してね

国外だろうが国内だろうが、遠距離そのものは問題じゃない

少なくとも私は遠距離恋愛についてほとんど何も考えていませんでした。

住んでいる場所が近くても、普通に忙しい社会人同士のカップルだって全然会えてないですよね?

国際遠距離で会える頻度は低くても、国内に住んでてもっと会えない人も全然いるし、普通にオンラインでいくらでもつながることできるじゃん、みたいな。

だって今の時代LINEスカイプで何時間でも無料電話やテレビ電話が可能だし、仮に発展途上国でもWi-Fiはどこでも通っているからいつでも気軽につながることができます。

たとえ海外移住で遠距離恋愛になったとしても、実際悩む本質って距離そのものではないと思います。

カップルが別れる原因は心境の変化で、国外という場所の移動は関係ない

実際に別れの原因も距離というより、お互いの心境の変化かと。

やはり海外で就職、生活するとなると、ある程度その文化や環境から影響を受けて変化するし、考えも変わっていきます。

人間は環境から人格が形成されます。新しい環境でどんどん変わっていく恋人を受け入れて、今までと同じような気持ち、恋愛をしていくのは厳しいです。

そして片方のみ全く新しい生活で変わっていって、話すことやネタがたくさんあるのに、日本で住んでいた時と同じような話をしたがる恋人と「私は話を合わせている」って気を使いながら話すのもこれまたストレス。

この違いがだんだんとお互いの心の距離を広げていきます。心の距離>実際の住んでいる距離になったらもうアウト。

やはり電話やメール、テレビ電話だけでお互いの様子を知るのは厳しいです。

実際に自分の目で見た恋人の状況の方が、本人から聞く本人の近況よりもちゃんと伝わってきます。「百聞は一見にしかず」とはこのこと。

比較的マイナーな国に恋人が駐在となると余計、相手の生活が想像しずらいです。

あまり日本人一般的に人気のない国や発展途上国だとメディアも注目しない、間違ったり、古い情報が多いため、双方の理解にズレが生じます。

日本にいる方が偏見を持っていて、自分の駐在する国の悪口など言われるとカチンときたりする事も…

大切な人がいる人こそ海外移住はオススメしたい

それでも日本に恋人がいて今海外就職を迷っている方がいれば、遠距離恋愛をしてでも移住はお勧めしたいです。

なぜなら大切な人が母国にいるからこそ、国外へ飛び出し、挑戦する気持ちを安定させてくれるからです。

一見海外に飛び出したいとなると、「日本はどうでもいい、家族や友達、恋人もどうなっても良い」と思われがちですが、私個人の意見としては逆だと思っています。

いつでも帰ってこれる場所がある、自分を受け入れてくれる大切な人が既にいる状態だからこそ、失敗してもいいやと思えるから。

海外就職とか留学なんて1ヶ月くらいで帰国する人なんてたくさんいます。ブログとかSNSに書いていないだけ。失敗や挫折なんて当たり前です。

たとえ生活が続いたとしても簡単に現地で馴染めるはずもありません。私も全然友達とかできませんでした。

ただでさえ新しい環境や文化に慣れたり、生活を作っていくので精一杯なのに、心を許せる友達を作っている余裕なんてあまりありません。

そんなワタワタして落ち着かない時に母国に恋人がいるとすごく心強いです。日本に恋人がいなかったら焦って現地で充実した人間関係を築こうと躍起になってしまいます。

恋人が母国にいる状態は、逆に余裕を持って自分のペースで海外生活をできたりします。

本当に信頼できる、大好きな恋人ならあなたのやりたいことや挑戦にパワーを与えてくれるはずです。

国際遠距離恋愛だからこそ楽しめる

遠距離恋愛=精神的に辛い・ハードルが高い・大変 という偏見の目で見ていませんか?

捉え方でだいぶん見方も変わってきますよ。海外移住や海外就職をむしろチャンスだと思ったら良いです。

恋人が海外にいるならば、自分の知らない面白い体験をしている話を一番身近に聞けます。そして自分がその国に訪れるきっかけもくれますし、その国で泊まらせてくれる・一緒に観光できる楽しみもたくさんあります。

たまにしか会えないからこそ、会った時の喜びも大きいし、二人の信頼関係もより深まるかもしれません。

国際遠距離恋愛で結婚して、二人とも海外移住という話も聞きます。自分の未来だけではなく、二人の未来をポジティブな面で変えてくれる可能性だってあります。

最初から遠距離をネガティブに捕らえていると、二人の関係性も結果的にネガティブに働いてしまいます。

何事も楽しんで、あまり距離や時差を重く受け止め過ぎない方が良いです。

特に自分が海外移住する立場だったら、渡航してからいろいろなカルチャーショックもたくさんあるため、何事にも楽観的な姿勢を保つことが要求されます。これは恋愛面においても同じだと思います。

 

以上実際に私が海外就職して感じた、「国内に恋人がいても海外就職・留学を勧める理由」です。

結局恋愛というのは二人にしかわからないものなので、もちろん断言することはできません。

しかし海外就職を挑戦したいと思っても、恋人がいるからと諦めてしまうよりは、この記事を読んで少しでもポジティブに捉え、挑戦したいことに行動できてもらったら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました