スポンサーリンク

就職活動をせずに新卒でマレーシア・海外就職をした理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。あゆ(@houriajewels)です。

 

海外経験ほぼなしで、突然の海外就職

私は日本で一切就職活動をせずに、新卒で海外就職をしました。

新卒のチケット?特権を一切無視して、卒業後すぐ海外で働きました。

 

海外経験豊富だったか?というとNO!

それまで海外に長期間滞在したことがなく、バックパッカーのような事も全然していませんでした。

長くて一ヶ月の短期留学くらい。

 

そんな特別海外慣れしていなかった私がなぜ新卒海外就職でマレーシア単身移住を決意したか、書いていきたいと思います。

新興宗教作ったよ!いいね押してね

▼目次

新卒一斉就活採用に対する疑問

「よく新卒の切符捨てて海外で就職しちゃうね」

「なんで就活しなかったの?」

 

新卒海外就職をすると、上記のようにやや批判的に聞かれることが多いです。

しかし私にも他のみんなに同じように疑問があったのも事実。

 

「なんでみんな新卒の就活しているの?」

「なんでセミナー行ってるの?」

 

本当に自分の興味のあることしかできない私は、逆にみんなが当時当たり前のようにやっていた就活をほぼ気付かないレベルで素通りしていました。

 

自分中心に世界を見過ぎていたかもしれません。

また大学時代、校内で友達がほとんどいなかったことも影響しているかもしれません。

ロングライフプランで考えた時に、日本での就職は理想と違った

自分が日本の新卒で入った同じ会社に何年も働き、そのあと転職して日本で生きていくことが想像できなかった。

 

正社員で会社に就職することは、アルバイトのように、経験のためだけとか、なんとなくやりたいから、またすぐ辞められる、と言った軽い覚悟でするものでないことを知っていました。

 

「10年後、20年と長い人生で考えた時に、日本で就職する経験はなんかいらない気がするな〜。」

特別他に何か自分には才能やコネクションがあったか?というと残念ながらそうではなかったのですが、かと言って就職するのはなんか違うな、と思っていました。

 

会社に就職する以外の道もいっぱいある?

世間にはフリーランスで働いていたり、4年制大学を卒業してもワーホリやアルバイトしている人がいること、起業して自分のビジネスを築くこともできる…などを知っていました。

 

日本の新卒一斉就活だけが、私の今後の人生で歩む選択肢ではないということを(なぜか)信じていたので、わざわざ特に魅力を感じていない事に今する必要はないかな、と思いました。

 

なんか根拠のない自信だけがあって、今思うとあの時よくそんな勇気あったな〜と白い目で見てしまいます。笑

 

ただその時、人生というロングプランで見たときに、日本で就職という選択は自分の理想の姿・幸せ像との関係性が一切見つかりませんでした。

心に従い過ぎて、頭で考えることをやめてしまっている自分が少し怖いです。

20代のうちに単身海外移住をしたかった

私が海外就職したのは、とにかく早く海外移住を「20代のうちに」したかったのが大きいです。

わざわざ迷う暇すらありませんでした。

 

パワーがあって、挑戦して失敗してもやり直せる年齢のうちに色々挑戦したかったのです。

 

幼い頃から海外への興味はあったものの、長期で留学や滞在をしたことがなかった。

しかし気づけば私が聴く音楽や映画、文化はほとんど海外のもの。

 

高校、大学と帰国子女が70%ほどいるところに通っていて、純日本人の子たちがユニークなバックグラウンドを持っていたり、多言語を操っている姿を見て憧れが増しました。

留学は当然お金がかかるので、大学生時代はお金を貯めては短期間で海外一人旅や留学に行ったりなどしていました。

 

少ない海外経験ながらも、将来は絶対海外で働きたい!日本以外の在住経験をもっとたくさんしたい!若いうちに色々経験したい!

このような思いや理想が募った結果、新卒後もうすぐに海外に行ってしまいたいとすぐに行動に移してしまいました。

 

やった後悔よりもやらない後悔を考慮した結果です。

まだ自分には養う家族もいないし、失敗してもまた挑戦できるし、若いうちにたくさん失敗してしまおう!と決意しました。

就職・卒業は始まり。自分のなりたい姿を想像しよう。

皆と同じように就活して、黒いスーツ着て、無難と定義されているレールを渡ることが、その人にとっての「自分らしい姿」「自分の幸せ」である人もいます。

 

私のように「新卒海外就職」というマイナーな選択をする人もいるでしょう。

「ワーホリ」「フリーター」「芸能活動」「大学院」など卒業後の進路の選択肢はたくさん。

どんな選択をしても、誰もそれを批判する権利もないし、正解も不正解もありません。

 

就職や大学卒業はゴールではありません。

そこからが始まり。むしろスタートです。

 

過労働や就活のプレッシャーで命を失ってしまう若者もいるくらいです。

視野を広げて、他にも選択肢や道があるっていうことを心に止めておけば、自殺した彼らも、もう少し楽になれたんじゃないかな〜ってどうしても考えてしまいます。

 

自分の心に素直になって自分が正しいことをやるというのは、シンプルそうに見えて意外と難しかったりします。

 

今はインターネットやSNSにたくさん情報が載っていて多様な働き方がありますので、自分と向き合って何が一番の選択か、周りと比較せず冷静に考えてみる事がおすすめです。

 

正直若くなくても人生やり直しはいつだって出来るし、もっと軽く考えていいかも?と思ったりします。

勢いで新卒海外就職をしましたが、実際後悔はないし、良い選択だったなって今でもしみじみ思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました