スポンサーリンク

モロッコの外国人移住者がモロッコ人よりもビジネスが上手く成功している理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。あゆ(@veganmaroc)です。

モロッコにきてもうすぐ3~4ヶ月ぐらい経とうとしています。

新興宗教作ったよ!いいね押してね

▼目次

海外の移住先として人気な国・モロッコ

 

モロッコの日常はものすごく平和で、システムもシンプルなのであまり生活にも困らないし、わからないことはだいたい解決してきました。

日本みたいに家の契約とかも細かくなく、電車とかバスもわかりやすいので覚えたり理解するのにあまり時間がかからないです。

改めてモロッコでは外国人の移住場所として人気があるし、これからも出てくるだろうと思います。

 

現にたくさんのヨーロピアンがモロッコでお店やリアドを開いて自分で経営したり、トラベルサービスを運営したりと、休暇で来るのではなく、自身で起業している方が多いです。

 

世界一周してなんか気づいたらモロッコに何年もいました〜みたいな。

日本のデジタル・ノマドがタイやマレーシアなどの東南アジアを拠点にするように、多くのヨーロピアンがモロッコに移住して自由でのんびりと自分らしく暮らしている方が多いです。

モロッコにいる外国人起業家は嫌われている?!

しかしそんなヨーロピアンに対し「地元民から勝手に仕事を奪うな。」と意見するモロッコ人も中にはいます。

もちろんお金を散財している観光客に対してはウェルカムの姿勢ですが、外国人がモロッコに定住して起業なんて、ただでさえ地元民でも働き口がないのに、わざわざモロッコに来るな、自国で働けるだろうという意見です。

 

それもそのはずでモロッコではちゃんと大学を出ても働き口が見つからず、会社に入っても最低賃金は2500DH(250ユーロ)とモロッコで一人で暮らすにはとても充分な金額ではありません。

物価の安いモロッコですが、買うものやサービスによっては日本よりも高くつくものはたくさんあるし、会社の賃金と生活費が全く比例されていません。

 

なので多くのモロッコ人は観光業・自営業としてお店を開いたり、サハラ砂漠ツアーをしたりと、持ち前の語学を使ってビジネスをしています。

識字率は低いですが、このように観光業をしている多くのモロッコ人はアラビア語・フランス語はもちろんのこと、英語・ドイツ語・スペイン語・ベルベル語と多言語を扱う方が多いです。

 

そんな生きるのに必死の中、外国人が余裕な顔でお店を経営・起業したりするのを見てると腹が立つというわけです。

みんながみんなそんな目で見てはいなく、応援してくれる人がほとんどですが。

モロッコでの海外起業は意外と成功しちゃう話

私の見ている限りモロッコ人のモロッコを売りにした観光業や商売方法って全然賢くないなあと個人的に思うことがよくあります。

例えばお土産屋さんとかサハラ砂漠ツアー、モロッコ料理のレストランなど、道行く人全員にしつこく勧誘して、日本人やアジア人を見かけると「你好〜」とちょっと馬鹿にした口調で無理やり自分のお店に連れて行こうとしますよね。

 

これから自分の商品にお金を払ってもらいたい相手に対して馬鹿にする商法って一体どうなのでしょうか。

 

日本のビジネスマナーが丁寧すぎる話もありますが、モロッコ人のようになりふり構わず無理やり手を引っ張って自分の店に連れて行くって相手をリスペクトしていなさすぎて。

しかも人も特に選んでいなく外国人なら誰でもいいやという考え方。

 

私が一人でマラケシュを歩いていたのですが、明らかに一人では入りずらそうな高級レストラン(デートとかお祝い用)に勧誘するってちょっと違くないですか?

私みたいにいかにも貧乏旅行とかバックパッカーに大人数で行くようなレストランに勧誘する時間があったら、ちゃんと人を選んで深く狙って行く方が良いかと。

モロッコ人のビジネスは下手で賢くないと思う

マラケシュ・メディナのスーク

 

モロッコにいると質より量でビジネスをしているなあとよく思います。

お土産もの屋さんも大量の商品が溢れかえっています。

 

中には手作りで丁寧に職人さんの腕で一つ一つ作られたものがありますが、多くは工場で大量生産されたものだったり中国から輸入したものです。

このようなものはモロッコで大量に同じデザインのものが見つかるだけでなく、中東でもヨーロッパでも日本でも(つまり世界中)ちょっとしたエスニック屋さんに行けば見つかります。

 

なので現地のお土産屋さんで買う際には、見極めが重要です。

あまりにも安く売っているような値段の商品はおそらく中国の工場で大量生産されたものです。

 

だいたいカサブランカや他の都市から荷台に乗せて、大量の商品をゴロゴロ引きながらメディナの中で売っている「バイヤー」がいます。

そのバイヤーを捕まえて、適当にあるんかから商品を買って自分のお店に置くという手法です。

 

またお土産屋さんでは「いくらなら買う?」みたいに最悪買ってくれとか、無理やり道ゆく人にスカーフ巻きつけてこれ買って〜という態度をしている人こそ、あまりビジネスがうまく行っていない気がします。

折角の魅力的な商品も、商売人のせいで全然魅力的に見えなくなることもしばしば…。

 

自分の商品に対してリスペクトがなく、とりあえず今その場で売りつけて早く金が欲しい気持ちが真直ぐすぎて、商品がかわいそうに思えることがあります。

中には動物の皮などを使った、命を犠牲にした商品があるのに。

 

やはり長期的な目線から見ても、自分の商品を大切にして、値下げをバンバンしないでプライドを持ってやっている人の方が魅力的に見えますし、消費者の物欲をそそります。

 

モロッコの商売人は、自分から図々しくサービスして、相手に無理やり感謝させる手法が多くて苦手なところ。

偽ガイドも、街で音楽を奏でている奴らも皆そうだけど、無理やり自分の商品を相手に押し付けて金を払わせるのはう〜んって思っちゃうのは私が典型的な日本人だからでしょうか。

しかもそう言ったサービスをしつこくアピールされればされるほど、買いたい欲がどんどんうせてくるから不思議。

 

恋愛のゲームもそうだけど、やっぱり「引き」ってすごく重要なエッセンスだと思うんですよね。

モロッコ人ってピュアで真直ぐな人が多いから、ゴールに向かって真直ぐ、ぐいぐい行くというか。

ちょっとその図々しさとしつこさが邪魔をして、もう商品自体がどうでもよくなってしまうのです。

モロッコに移住者の外国人のビジネス

モロッコ・マラケシュにあるブティック

 

それに対し海外から好きで、わざわざモロッコに移住した外国人のビジネスはうまいなあと個人的には思います。

 

彼らが運営しているお土産屋さんも歴然で、品数が少ないもののとてもスタイリッシュなデザインで空間にも余裕があり、一つ一つの商品に貴賓さが現れています。

デザインもモダンな感じで、モロッコの商品ですが、彼らなりにアレンジを加えて工夫しており、「そこでしか買えない特別なもの」というのが伝わってきます。

 

価格も既に決まっていて値下げ交渉など一切ありません。

ヨーロッパにあるおしゃれなブティックを想像していただけたらと思います。

やっぱり商品やサービスを適当にばら撒くのではなく、少なくて、スローでもいいから大切に扱って丁寧に仕事をしている人が私は応援したくなりますし、実際にモロッコに移住した外国人経営者が地元民よりも成功している理由だと思います。

 

お土産屋さんに限った話ではなく、リアドを運営している・ツアー会社を立ち上げている・レストランを運営している外国人経営者みんなに言えます。

モロッコに対する「愛」が強く「プライド」を持って「好きなことを仕事にしている」方ほど成功しています。

 

それは外国人・地元民関係なく、いかに賢く商売をしているかはとても重要です。

もちろん全員が全員成功しているわけではなく、モロッコ人の経営者で成功している方も、プライドを持ってやっている方もたくさんいます。

 

しかし多くの地元のモロッコ人みたいにとりあえずモロッコ現地のお土産をたくさん観光客に売りつけとけとかいう「お金!お金!」の精神でビジネスをしている方はなかなか収入が得られていないように見えます。

余裕を持ってスローペースでやりながらも、好きな気持ちで商売をしている外国人移住者の方が、案外成功しています。

やはり心の余裕や「好き」という気持ちは強いなあと改めて思います。

プライドを持って「好き」を仕事にする

 

私はたまたま今自分の住んでいる国、モロッコを題材にして説明しましたが、これはモロッコや国に限らず、やはり「好きなことを仕事にする」というのは甘えではなくむしろ賢明です。

 

起業にも言えますが、長期的な目線でビジネスをすること・自分が情熱を捧げられるもので生計を立てて行くことを早いうちから考えて行くべきだと思います。

若いうちは会社に我慢して、好きでなくても頑張って仕事をするべきというのは時代遅れすぎる考え方です。

 

我慢やお金だけのために働いても、自分の資産にはならないですからね。

アルバイトと一緒でその時だけお金を得られるだけで、履歴書にかけたとしても、結局同じような会社や業界にしか後々通用しないから、また同じような気持ちで仕事をするだけです。

 

そんなことをモロッコにいる外国人の生き方と地元のモロッコ人の生き方を比べてみて考えました。

という私自身はビジネスなど全然わからないので、偉そうに言えませんが笑

と言いつつも偉そうなことめちゃくちゃ長く書きましたが笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました