スポンサーリンク

モロッコ・スークのナチュラルでオーガニックな暮らし

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。あゆ(@houriajewels)です。

 

今まで日本に住んでいた人が、海外での生活を始めると毎日の日常が新しくなるかと思います。

その中でも大きく変わるのが食生活。

現地での食事が合わないと、その土地での生活って大分厳しくなりますよね。

 

私がモロッコに住んだ理由の一つは食事です。

モロッコってどんな国?と思った方はこちらの本がオススメ↓

 

GENIC TRAVEL Vol.04 – Wander in MOROCCO / Aiai (Book) 【本】

価格:1,650円
(2020/8/9 16:15時点)
感想(0件)

モロッコ 邸宅リヤドで暮らすように旅をする (KanKanTrip) [ YUKA ]

価格:1,650円
(2020/8/9 16:15時点)
感想(0件)

日本の食生活は誘惑だらけ

日本にいた時はもっと不健康な食事をしていました。

コンビニやスーパーに行けば菓子パンや揚げ物ばかりの惣菜で自然と誘惑が多い。

 

ついついジャンキーで甘いスイーツなどを買ってしまうこともしばしば…。

しかもそう言った不健康な食べ物って中毒性があるから、習慣化して食べていました。

 

日本では過食になったこともあり、精神的にも辛くなりました。

詳しくはこちらの記事で書いています。

【一食どか食い】拒食から過食症・むちゃ食い障害になった話
モデルのお仕事をやっていた私が摂食障害、拒食症になった経緯についてのお話。人生初めてのダイエットで3日間断食し、うつ病になり精神科に通ういながら送った大学生活。その後吐かない過食症に悩まされた数年→健康的なダイエットをしようと心に誓うも、むちゃぐい障害が治らず、増え続ける体重に悩まされた経緯。

 

過食や摂食障害は心の病なので、食べすぎや食事量は関係ないのですが、明らかに不健康な食事内容だったことは確かです。

 

食材が新鮮なモロッコ

モロッコに住んでいると、地元の市場(Souk)で食材を購入します。

野菜がすごく安いし、新鮮です。

1キロ50円くらい

日本だと野菜が高いですがモロッコでは安いため、野菜をついつい沢山買ってしまいます。

 

 

また市場(スーク)に不健康な菓子パン商品などありません。

パンも地元の窯で焼いているから出来立て。

 

大西洋に面している国なので、常に新鮮なお魚がすぐ手に入る。

無駄な仲介業者はいないから、地元で獲れる魚も新鮮で安いです。

 
モロッコでは自炊が基本

確かにモロッコのレストランは一食20dh(300円くらい)と安いです。

しかし地元の食材の安さと比べると、レストランに入るのは賢くないです。

 

レストランも大体観光客しかいなく、地元民はおうちでの料理が大好き。

モロッコ人はみんな口を揃えて「レストランの食べ物は腹を壊すから好きじゃない」と言います。

 

一緒に遊ぼうとなっても、大体誰かの家で集まってホームパーティー。

日本みたいに居酒屋などのお店に行って飲み会という文化がないです。

外でミントティーを飲むなら、誰かのお店とか、小さいローカルなカフェ。

 

日本のコンビニのような場所もなく、小売店でも、パスタの麺やお米、ジャムやマーガリンなど食材や原料ばかりで、既製品や菓子パン・お弁当みたいなのがありません。

自然とモロッコにいると自炊生活になるかと思います。

またモロッコ人は外国人を家に招待して一緒にクッキングをするのが大好きなので、たくさんの料理法をモロッコ人から学びました。

一緒に作った料理があまりにも美味しかったので、私も自宅で実践しています。

 
モロッコ 料理は添加物が入っていない自然の旨味

このようにモロッコで生活していると添加物がたっぷりと入った、原材料に何が入っているかよくわからない食べ物を購入する機会が減りました。

もちろん、新市街などにいってCarrefourというフランス系のスーパーに行くとチョコレートやポテトチップスなどのジャンキーなお菓子は購入できます。

しかしコンビニのようにどこにでもあるわけではなく、あまりメジャーではないです。

タジンやクスクスなど伝統的なモロッコ料理は野菜がたっぷり使われているヘルシーな料理が多いです。

油もオリーブオイルが主に使われていて、こちらも健康に良いことで有名ですよね。

植物性で作られた材料(岩塩やスパイス)で調理しています。

 

基本蒸し料理で、野菜とスパイスと穀物を適当に鍋に入れて長時間煮るだけなので、簡単でシンプル。

シンプルに作られた料理というのは余計な工程が少ないということ。

野菜の旨みを重視しているため、味付けもあっさりしています。

スパイスを利用しているけど、スパイシーではないです。

 

この野菜たっぷりのタジンで作ったものも「ホブス」というアラビアパンで食べます。

シンプルな砂糖がたくさん入っていないパンで、日本人にとってお米のような存在。

硬くてフランスパンのような味わいです。

 

このホブスもお腹いっぱいになる+ヘルシー。

日本のパン・食パンなどはもちもちふわふわでおいしいですが、逆でお腹いっぱいにならない+カロリーが高いです。

 

お菓子も自然から生まれた果物

そして地元民はデーツやフルーツなどの新鮮なお菓子を好みます。

特にアラブ人のソウルフード、ラマダンに食べる最初の食事として有名なデーツは栄養価もたっぷりで美容にも良いです。

このデーツやフルーツもその土地で栽培されているのを買うのでお値段がとにかく安い。

 

デーツはこちらからも購入できます↓

デーツ 850g 無添加 種なし 保存に便利なチャック付き 送料無料 ドライフルーツ ドライデーツ [ 1kgより少し少ない850g 砂糖不使用 なつめやし ナツメヤシ ナツメ イラン産 濃厚 栄養豊富 製菓 製パン 材料 ] 保存食 非常食

価格:1,089円
(2020/8/9 16:25時点)
感想(172件)

モロッコのジャンキーなスイーツ

フランスの植民地の影響から、フレンチベーカリーなどが街中にたくさんあり、スイーツ・ケーキが豊富です。

 

しかも一個20円くらいでゲットできちゃうから、お手頃。

これが私がモロッコで見かけて唯一のジャンキーな地元食って感じです。

私がモロッコで見つけた誘惑といえばこれくらいですが、たまにならこういうのも心の栄養にはなるので問題ないかと。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました