スポンサーリンク

ムーレイヤコブ(Moulay Yacoub)で唯一の外国人で神のような扱いを受けました

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。あゆ(@veganmaroc)です。

前回の記事ではフェス近郊の村、ムーレイヤコブまでの生き方を書きました。

これからいく予定のある方はぜひ読んでください〜

モロッコ・フェズ付近にある田舎の村「ムーレイヤコブ(Moulay Yacoub)」までの行き方
フェス近郊にある村・ムーレイヤコブに日帰り旅行をしに行きました。往復20dh(220円)ほどで旅行ができて、フェスとは全く違ったのどかな田舎を体験できるので、お勧め。グランタクシーの乗り場と行き方などをまとめました。

 

グランタクシーに乗りフェスから約40分で無事ムーレイ・ヤコブという土地へ!

というものの下調べもしていなければ、周りはモロッコ人しかいなく、観光ムードはゼロ。

ムーレイ・ヤコブのメディナの風景

 

フェスの盛り上がりが嘘のように消え、田舎でのんびりとした雰囲気の村です。

ムーレイ・ヤコブは山の上にあり、メディナも坂が多いこと。

とても空気が美味しく、山の景色も美しく、開放感ある村でした。

 

グランタクシーで一緒になったモロッコ人のおばあちゃんと息子さんに誘われて言われるがまま真顔で散歩。

ムーレイヤコブ初上陸とは思えないほど「あ、私ここ何回も来ているんで今日も友達と〜」みたいな顔でテクテク歩いていました。

 

 

ムーレイヤコブは温泉街だそうで、有名な大きいプールがこの村にあるとのこと。

あとは地元のハマム(モロッコ版の銭湯)もあるそうです。

 

なのでムーレイヤコブのお土産屋さんにはたくさんの美容グッズやハマムグッズがあります。

みんなハマムで使うバケツや垢すりなどをたくさん持って散歩していました。

 

ハマムグッズを忘れたしプールには興味がないのでそのままスルー。

モロッコ人のおばあちゃんたちと記念撮影してそこで別れました。

 

ムーレイ・ヤコブの目玉・温泉プール

 

特にすることもなかったのでとりあえず景色の写真をパシャパシャ。

山の上にある村、とにかく絶景で開放感がすごい。

 

 

私もこんなところで育ちたかったです。

往復200円ぐらいあればフェスという都会に行けるし、最高だと思う。

 

 

なんと山の頂上に小学校もありました。

立ち入り禁止だったから入れなかったけど、すごく素敵でした。

こんな伸び伸びとした場所で教育を受けられて羨ましいな〜と遠慮なく写真撮っていたら、思いつつ怪しまれたので退散。

 

モロッコ一の働き者はロバ

 

ムーレイヤコブは他の街よりロバが本当に多かったです。

モノを運ぶのも移動手段も全部ロバ。

 

マラケシュやフェス、エッサウィラでもロバや馬は日常的に目にするのですが、特にムーレイヤコブはとても小さな村にもかかわらずロバが本当に多くて、働き者だなあという印象を受けました。

 

しかもロバは子供でも普通に乗っていました。

ロバに乗るのに運転免許みたいなものはいるのかな?多分いらないし、年齢制限とかもないかと。

 

無人のレストランやお土産屋さんがたくさん

 

お土産屋さんを見ていたら、なんか異様に気に入られて写真を撮って撮って〜と。

アジア人を見たのは初めてらしいです(そりゃこんな田舎の村に外国人観光客はあまりないでしょうし)。

 

サボンやらスプレーやら美容グッズをたくさんもらいました。

しかも後にFacebookまで載せられて、意味わからないコメントをされていました。

 

こちらが写真を撮られ投稿されたスクリーンショット↓

私を見る目が、危ない(怖い)

 

ホテルに帰って一人で爆笑していました。

もはや預言者ムハンマドのような扱いをされて…。

部族(日本代表)です

 

特にすることもなくカフェでボ〜ッとしたり地元の人と話したり。

物価が他の街よりも断然安かったです。

 

友達のお土産にサボンやらローズウォーター・石鹸などを色々買い込みましたが、5個くらいグッズをかって300円ちょっと。

安すぎて、もっと買えばよかったかも。

フェスのメディナだと異様に高額な金額を外国人はぶっかけられることがありますが、ムーレイヤコブだと地元価格で買えるどころか、タダでお供物のようにくれる人たちがたくさんいます。

街ものんびりしていて、人目を気にせずにボ〜ッとしていました。

ここでは外国人でもフェスみたいに「チャイニーズ!你好!!」みたいにあまりしつこく言われることもなかったです。

 

人々が穏やかで、素朴な方が多かった。

珈琲も一杯7dh(80円)で、お水付き。

他のレストランも物価が低かったです。

あと以上に大きいハルシャを発見(みんなで食べるよう?)

ムスメンやモロッカンパンなど朝食メニューがたくさんありました。

 

13時ごろまでレストランはパンとジャム・オリーブ・Amlouといった朝食メニューしかやっていなく、昼過ぎにや〜っとタジンやクスクスなどのお料理メニューを準備していました。

モロッコ人は日本人の感覚からすると、時間が遅いです。

その代わり夜22時くらいがやっと夕飯。

 

 

特にすることもなく、街をのんびり数時間のみの滞在で帰りのグランタクシーに乗りました。

行きと同じ10dhでフェスのオールドメディナまで連れて行ってくれます。

グランタクシーの乗り場は、行きで到着したところと同じです。

 

なんだか安心しきって帰りのグランタクシーで寝ていたら、他の乗客がメディナの前で起こしてくれました(優しい!)

行きはメディナから離れた駅前だったのですが、帰りは普通にメディナに下ろしてくれました。

他の乗客も自分の好きな場所で適当に降りて行ったので、グランタクシーは自由がきいて結構いいなあと思いました。

 

他にもモロッコの田舎の街とかもっと色々開拓してみようと思います!

ムーレイヤコブもフェスに行った際はぜひ訪れてみてください〜すごい楽しいとかではないけど、モロッコを少し開拓した気分になれます!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました