スポンサーリンク
モロッコ

【海外女一人旅】モロッコ・フェス( FES)のインスタ映えカフェ・CAFE CLOCK

モロッコのフェスで見つけたヴィーガン・ベジタリアン対応のレストランを紹介します。メディナ(旧市街)にあるレストラン・CAFE CLOCKでベジタリアン向けの朝食を取りました。クッキングクラスなどもやっているそうです。現地価格よりは高めの設定ですが、インスタ映えもし、内装も可愛くテラス席もあるので、おしゃれな場所で食事を取りたい方はお勧めです。
中東料理

【ビサラ(Bissara)のレシピ】モロッコ料理・そら豆を使ったスープ

ビサラ(Bissara)というそら豆をペースト状にしたドロドロのスープはモロッコ北部で人気の朝食メニューです。パンにディップして食べるのが美味しい。またヴィーガン・健康食としても有名で、風邪の時やラマダン明けの最初の食事としても食べられています。
モロッコ

【モロッコ・フェス(Fes)】ムーレイヤコブ(Moulay Yacoub)の温泉街を女一人で観光

モロッコの田舎町に一人外国人観光客で訪れたら、ものすごく珍しかったらしく地元民に神対応された話。無料で美容グッズやらたくさんもらいました。
スポンサーリンク
モロッコ

モロッコ・フェズ近郊・温泉街「ムーレイヤコブ(Moulay Yacoub)」までの行き方

フェス近郊にある村・ムーレイヤコブに日帰り旅行をしに行きました。往復20dh(220円)ほどで旅行ができて、フェスとは全く違ったのどかな田舎を体験できるので、お勧め。グランタクシーの乗り場と行き方などをまとめました。
モロッコ

【海外女一人旅】モロッコ・Fes(フェス)ONCF駅からメディナまで

モロッコ南部の都市・エッサウィラから中部の都市・フェスまでバスと電車を使って旅しました。合計9時間今日の長旅でした。SpratoursとONCFを使用。どちらも時間通りにきますが、電車は満杯で次の時間帯のチケットを買ったので不安な方は予約した方が良いかもしれません。
モロッコ

【海外女一人旅・メクネス観光】モロッコ・フェス(FES)の近郊都市

モロッコのメクネスという中部の伝統的な都市に観光に行きました。フェズのようにあまり観光地化されていないけれど、古き好きモロッコの懐かしい雰囲気が漂う街でした。今回のモロッコ旅で一番気にいって心が安らいだ都市。
モロッコ

【フランスのファストフード】モロッコのタコスはケバブ?メキシカンではない?

クスクス・タジンばかりでモロッコ旅行ではモロッコ料理ばかりで飽きたという方は、ファストフードにチャレンジすることをお勧めします!モロッコのタコスは皆さんが想像しているようなメキシカンなタコスではなく、フランス発のケバブのようなタコスです。
海外旅行

アルヘシラス→タンジェ新港(MED)のフェリーが遅延・欠航

スペイン・アルヘシラス→モロッコ・タンジェMEDまでの道のり。天候悪化のためフェリーが運転休止になり、チケットを買うのに2時間ほど、さらにそこから8時間以上待たされた話。結局昼に買ったタンジェ行きの船は真夜中に出発し明け方に到着しました。フェリーを利用する際は天候に注意してください。
イスラム

イスラム教徒・ムスリム女性の写真撮影はOK?ヒジャブの女性へのマナー

モロッコに滞在して感じたムスリム・ヒジャブ女性たちの写真への寛容度について。セルフィーはするのか、一緒に写真撮影はOKなのか...検証してみました。またスキンシップやハグやキスはするか。家の中ではヒジャブを脱ぐのか、お客さんが来た場合など。
イスラム

イスラム教徒・ムスリムのヒジャブ・ファッションを解説【中東アラブとアジアの比較】

モロッコとマレーシアに長期滞在して気づいた、アラブとアジアのムスリム女性のヒジャブ・ファッションの違い。どちらも異教徒や外国人に寛容な国であるためそこまで規制は厳しくないのが特徴。なのでムスリム女性たちのファッションの多様性が溢れています。
ヴィーガン

トルコ料理 xベジタリアン・ ヴィーガン弁当【羽田空港グルメ】

空港のラウンジにあるトルコ料理屋さんではお肉中心のケバブ料理などが売られていましたがその中にベジタリアン弁当がありました。トルコ料理の中でベジタリアンメニューを探すのは一般的には珍しいので、かなり貴重な一品。ザクロシロップなども使われていて、生野菜も新鮮な味で食べることができました。
イスラム

イスラム圏・ムスリムのデート・セックス 事情。モロッコでは同棲しているカップルも

アラブ人の最近の恋愛・セックス事情。いつまでも童貞・処女でいることに対する考え方やモロッコ人同士のデートはどんな感じかなど。地域や家庭環境によって考え方が大きく変わるので、一概には言えませんが、日本や欧米のように都会ではカップルがキスをしていたり、同棲しているモロッコ人も中にはいます。
タイトルとURLをコピーしました