スポンサーリンク

断捨離のメリット【LESS IS MORE:豊かになるために減らす】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。あゆ(@houriajewels)です。

 

前回の記事 に引き続き、今回も断捨離のお話。

【断捨離】物欲・物への執着がなくなった理由
物欲の塊で「モノ」に執着していた私が、一気に物欲がなくなり、買うことをやめたきっかけと理由を紹介します。モノ自体に私を幸せにしてくれる効力があるわけではなかったのです。物欲は永久に続くものではなく、ある程度満たされれば無くなるものかもしれません。

 

私が断捨離をしていく過程で感じたメリットを紹介します。

新興宗教作ったよ!いいね押してね

▼目次

心も身の回りもスッキリする

断捨離=モノを減らすこと?

物質的に自分の周り不必要な物質を削除していくことによって、部屋や棚、タンスの中などがスッキリとし、同時に心も浄化されます。

これが断捨離を行う一番の目的ではないでしょうか。

 

物質というのは最初買った時は気分が良いですが、年々時間が経ち、使わないのにただ放置、存在だけしているものを見るだけで何かとストレスは溜まります。

 

好きだったのに、お金をわざわざ出して購入したものなのに、気づけば邪魔になっている

人間の心は移ろいやすいものです。

 

「過去は大切だった」という気持ちがものを捨ている上で、邪魔になっています。

しかし大事なのは今・そしてあなたの未来です。

 

不必要だと持ったらどんどん捨てるか売るか、寄付するなどして手放す勇気を持ちましょう。

フットワークが軽くなる【新鮮な毎日】

断捨離をし、心がスッキリすることによって自然とフットワークが軽くなりました。

 

まずモノを売りに行ったりする過程で、必然的に外に出る必要がありました。

部屋に無駄な装飾品などが減ることで、外に出てインスピレーションを探しにいくこと、自分のものではなく、新しい景色や空気を求めるようになりました。

 

本でさえ買わずに、図書館で済ませているので、図書館に行く用事もできました。

手持ちの洋服なども少なくなり、選ぶ手間も省けるし、自分の好きな洋服・きやすい洋服や靴しか履かないので、出かけることに対するハードルも低くなりました。

 

常に荷物もとても軽いですし、出かけるまでに選ぶものもありません。

何も迷う必要もなくすぐ出かけられます。

人と遊ぶことや、一人でふらっと出かけることが多くなり自然と出会いも増えました。

毎日が新鮮で楽しくなりました。

 

以前は部屋がとても派手で、それはそれで楽しかったのです。

しかし置物やインテリアって一ヶ月くらいすれば目が慣れます。

部屋ん模様なども、どうでもよくなり、部屋にいても心がウキウキしなくなりました

 

「こんなに素敵な部屋なのに」と思い、部屋にいないで外出することが、心のうちでもったいないと感じていたと思います。

 

本当にもったいないというのは、断捨離をしないでいつまでも過去の自分から逃れられずに生活を送ることでした。

お金が貯まる【オススメはメルカリ】

私は断捨離をする際ほとんどのものを売りました。

単純に捨てたものはほとんどありません。

 

フリマサイト、メルカリがおすすめ

メルカリはユーザー数も多いですし、反応も素早いです。

予想もしなかったガラクタが売れます。

 

出店方法も写真を撮ってキャプションをつけ、値段設定をするだけなので簡単です。

匿名発送だからコンビニ・郵便局に行ってバーコードをかざすだけで送り状が出る。

 

こんなにコスパが良くて便利なアプリ、なかなかないと思います。

本屋CDなどもバーコードをかざすだけで自動的にアプリが商品登録をしてくれるため本当に楽チンです。

 

iPhoneやガラケーなどの機械類は、壊れていても売れます

(おそらく業者の人が部品で使いたいため)

 

昔の漫画の付録とか、おもちゃも意外に当時より高値で売れたりするのがメルカリの面白いところ。

私はメルカリで累計20万円ほど売れました。

打ったのは全部私にとって必要のないガラクタです。

 

断捨離でお金も稼げるって一石二鳥だと思いませんか。

またメルカリで売れなくてもBookOffだったり、寄付などして断捨離をする方法はたくさんあります。

断捨離=捨てることではありません。

お金を稼ぎながらものを減らす方法はたくさんあります。

判断力が養わられる

断捨離をする・ものを分別する上で自分には今何が必要か、何を削除したいのか問われます

モノを捨てるということはそのものに込められている自分の思いを捨てる事とつながります。

 

これは人生を歩む上で判断する・決着をする・選別をする行為ととても似ています。

部屋の乱れは心の乱れと言いますが、これと同じです。

 

人にもらったから、せっかく前に買ったから…という理由でものをとっておくことは疑問です。

毎日の積み重ねが自分の未来を創っていきます。

断捨離に他者は関わってはいけません。

断捨離は自分に対する問いかけと対談です。

自分の心の声だけを聞いてみましょう。

 

ものを手放す・とっておくという判断をすることで、自分の意思や目標なども再確認できるきっかけを作ってくれるかもしれません。

好きなものだけに囲まれる生活

断捨離は全てを手放し、捨てることではありません。

 

自分にストレスを与えるもの、心に重みを与えてしまう不必要なものを手放すことです。

モノを少ない生活することが目的ではありません。

 

本当に自分の好きな、心を満たしてくれるものだけで生活をすることによって豊かな人生を得るためにする行いです。

 

断捨離しても、まだモノが多くてもよいのです。

本当に心を豊かにしてくれるものを厳選すること。

物質的な効果よりも心の豊かさを目指すための断捨離です。

 

断捨離をすること自体にストレスがかかってしまったらやめてもよいのかもしれません。

しかしものを減らし、好きなものだけに囲まれる生活を想像したらやる価値は十分にあると思います。

 

少ないものに囲まれることによって、一つ一つの存在に感謝し、大切にすることができます。

好きなものだけで生活することによって自信も取り戻せます

減らすことは豊かになること

断捨離でストレスを感じないで

断捨離をするのはメリットがあるからです。

モノを減らすことでストレスを感じてしまったら本末転倒。

 

これといって決まったルールもなく、自分のペースで自由に始めることができます。

私が断捨離の好きなところです。

 

モノを減らし心も身の回りも豊かになること。

これが断捨離のゴールだと私は思います。

 

世の中には数々の断捨離の本や、片付けの方法といった自論があふれていますが、大事なことは自分にとって、どうやったら豊かな生活を送れるか。そのために何を減らす必要があるのかを考えるきっかけになるのが断捨離だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました