スポンサーリンク

【イスラム教・ムスリムの挨拶】アッサラーム・アライクム・ワレイコム・サラーム

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。あゆ(@houriajewels)です。

 

アラビア語の挨拶はアラビア語が母語の国、中東や北アフリカだけではなく、マレーシアやインドネシアなど、東南アジアのイスラム圏でも使われます。

 

基本的なイスラム教徒の挨拶を紹介します。

新興宗教作ったよ!いいね押してね

▼目次

アッサラーム・アライクム(Assalamu alaykum・السلام عليكم)

アラビア語の正式な挨拶で、アラブ人と会ったら一番最初に交わす言葉が、「アッサラーム・アライクム」

旅行先でお店に入った時に、店員さんとかに言ってみましょう。

 

直訳すると「あなた達の上に平安あれ」

 

・英語「Hello」・日本語「こんにちは」

こんな用途でカジュアルに使われます。

 

ムスリム同士で交わす基本的な挨拶です。

いろいろな場面で使われ、時には別れの挨拶でも言います。

ワレイコム・サラーム(Wa alaykumu as-salam・وعليكم السلام)

「アッサラーム・アライクム」と相手に挨拶をされたら「ワレイコム・サラーム」と返事をしましょう。

意味も同様に「あなた達の上に平安あれ」

 

「アッサラーム・アライクム」⇄「ワレイコム・サラーム」がイスラム圏で最も聴く基本的な挨拶の交わし方。

すべての会話はここから始まります。

 

チャットとかだと書くと長すぎるので、「W. Salam」と表現したりします。

サラーム(Salam・سلام)

「サラーム」は「アッサラーム・アライクム」の短くした挨拶。

もっとカジュアルな意味合いになります。

 

・英語「Hi」・フランス語「Salut」

 

アラビア語初心者でも覚えやすい挨拶です。

「サラーム」=「平和(Peace)」

 

しかし挨拶で使われる時は「こんにちは(Hello)」の役割を持ちます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました