スポンサーリンク

「細くて可愛い」は失礼・セクハラ?容姿を褒めることについて

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。あゆ(@houriajewels)です。

 

容姿を褒めることが多い世の中。

特に深い意味がなく、「〜で可愛いね」など気軽に相手の容姿にコメントしがち。

しかし自分では褒め言葉として軽い気持ちでしたコメントも、もしかしたら、誰かを傷つけているかもしれません。

 
「細いね」「可愛い・美人だから得するよ」などの褒め言葉は差別用語
「細くて可愛いね」「美人だから人生得するよ」「可愛いから大丈夫だよ」
こういった褒め言葉は日常でよく耳にします。
しかしこれらの言葉は差別用語であり、他人を傷つけます。
 
 
・女性(人間)は細くいるべき。
・美しくいるべきという考えを相手に押し付け、窮屈な思いをさせます。
・自然とプレッシャーをかけます。
 
そしてこのような褒め言葉を聞いた、周りにいる人間も傷つく可能性も。
 
容姿は誰かと競争するものでしょうか?
このような褒め言葉の循環が、女性たちの美容用品や洋服への購買意欲・整形欲求を増加させ、資本主義社会を動かしています。
 
経済を動かすことを否定しているわけではありません。
焦りや不安、重圧が自然と彼女たちの心に植え付けられ、自分の容姿に対する否定的な考えからお金を使ったり、メンタルヘルスや摂食障害に陥ってしまう女性が世界中にたくさんといます。
 
言葉の影響力は私達が思っている以上には大きいです。
特に普段無意識に使っているフレーズはなおさらです。
 
美しさは細さ体重の数字と関連するのでしょうか?
容姿のレベルが高いと人間としての価値があり、成功し、幸福であると本当に言えるのでしょうか。
以前TVで「美人 VS ブス」のような題材のバラエティー番組がありましたが、なぜ人間を容姿で優劣を図ろうとするのか。
 
それを視聴者が信じ、私たちの価値観がメディアによって植え付けられ、他人を褒める際も「〜よりも素晴らしい」と比較の上で褒めるというのはとても醜い行為が連鎖されるようになりました。
 
人を傷つけない褒め言葉
じゃあなんて褒めれば良いの?人を褒めるなって言っているの?
他人を賞賛する言葉自体は素晴らしいと思います。
 
 
しかし外見を褒める際に「〜だから」「細いから」「目が大きいから」可愛い・美しい。
条件付きで褒めるのはリスクがあります。
 
「ハーフみたいで可愛い」なども結局は純日本人・アジア人顔を否定している人種差別的な要素も含まれています。
 
単純に「可愛いね」「綺麗だね」というシンプルな言葉が一番ではないでしょうか。
容姿はみんな違うからこそ、多様性や不完全さが美しいと強く思います。
 
そして外見の美しさそのものに価値はそんなにありません
相手の容姿の良さよりも、中身の良いところを見つけ、伝える方が自身の気持ちも豊かになれ、相手との関係も深まります。
 
せっかく褒めているのに、なんで否定されなきゃならないんだと思う方もいるかもしれません。
しかし繊細な方もいるし、言葉の連鎖は恐ろしいので意識的に変えてみると、マインドフルな生活が送れてオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました