スポンサーリンク

【誰も信用しないで生きろ】信用しない強さを手に入れる方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんにちは。あゆ(@houriajewels)です。
 
誰も信用しない・誰にも期待しないで生きる。
そんなマインドセットを手に入れたら怖いものなしでいいな、と思ったことがある方はいるでしょうか。
新興宗教作ったよ!いいね押してね

▼目次

【誰も信用しない】人間は裏切る

人間を信用するのは危険です。

人間は矛盾があって、不完全です。

しかしそこが人間の良さでもあります。

 

人間ほど不完全で美しくて、多様性が溢れる生き物はなかなかいないと思います。

しかし、人間は信用しない方が良いです。

 

なぜなら人間は裏切るから。

自分自身でさえも信用しない方がいいです。

未来は断言できません。

信用しないほうが、幸せになれる

自分自身についても信用しな方がオススメです。

 

学生の頃、テストで全部解答し終わった後は、テスト時間終了まで自分の回答を見直して、回答する部分は間違っていないか、記号で答えるところを誤って文章で答えてないかなど、ケアレスミスをなくすよう先生からアドバイスを受けたことがあるかと思います。

 

自分を信用しないで、「うっかりミスは必ずしている」という前提で何度も見直すことによって間違いを見つけ、修正し、自分の実力を最大限にテストで発揮する行動です。

 

あなたは今大企業に就職しています。

しかし今は高収入でも、会社の都合で急にリストラされ流危険性があります。

 

それを考慮して、今から副収入を得るための努力をすると。

仮にリストラ後、退職後、自分の力だけで稼いだ経験があるのとないのでは、心も安定度が違います。

 

また年金も毎月当たり前のように収めていますが、これも正直信用できません。

退職後自分の元に帰ってくるのか確実にはわからない=自分で稼いで自分で積み立て貯金をする。

国を信用しないからこそする行動です。

 

 

大企業に就職しているという「自分」を信用しない・アテにしない=国・企業・他人を信用しない=自分の力で稼ぐということに挑戦する・向上心を上昇させる

上記の方程式が成り立ちます。

 

誰も信用しない、自分を信用しないことはネガティブに聞こえます。

信用しないからこそ少しでも信用できるように自分自身で努力します。

信用できる基盤を作るきっかけ・努力を作ってくれます。

 

信用するのは信用しないよりも心地よいです。

しかし信用しきっているものに裏切られた時のショックや悲しさは大きい。

 

信用しないものから信用できるようになった喜びは大きいです。

簡単に信用できるものは簡単に崩れる可能性が比較的高いです。

信用しない上で信頼関係を構築する:裏切られる前提で信用する強さ

人と人との「信頼」は元からあるものではありません。

 

人間は弱い生き物です。

双方の努力によって築いていくものです。

 

初めから信用できる人などいませんし、人間の心は特に移ろいやすい。

裏切られても良い人だけ信用する力強さを手に入れることができます。

 

私自身も今まで完全に誰かを信用したことはありません。

しかし信用しない上で信用してきました。

 

大切な人が赤の他人になったことは幾度となくありました。

しかし後悔はなく、幸せな思い出です。

 

たとえ完全に信用できなくても、

「それでも今この人と一緒にいたい」

「人間ほど信用できない生き物はいない、でも私はこの人を信用する

 

これが一番強い【信頼関係】かなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました