スポンサーリンク

ヴィーガンになって得た幸せな食生活

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。あゆ(@houriajewels)です。

 

私はベジタリアンになり、現在はほぼヴィーガン食生活をしています。

ヴィーガンになった経緯についてはこちら

ベジタリアン・ヴィーガンになった理由
ベジタリアン・ヴィーガンになった経緯について。ヴィーガンになった方が動物や環境にもよく、また私たちの体に動物性の食材は必要ない、なくても十分に健康的な生活を送れるということを知りました。食べ物の選択肢は無限にあって植物性のものでお肉のような食感と味、チーズのようなとろみや濃厚さが出せるって創造性の塊だと思います。

 

「ヴィーガンとは何?」と思った方にオススメの本↓

完全菜食があなたと地球を救う ヴィーガン / 垣本充 【本】

価格:1,430円
(2020/8/9 21:11時点)
感想(0件)

自分の健康よりも、動物、環境のためにヴィーガンになりました。

自分の使っている洋服や化粧品なども動物が使用されていない・動物実験されていないものを選択しています。

食に関してももちろんで、肉やお魚を食べないのはもちろんのこと、チーズや牛乳、蜂蜜などと言った乳製品も排除しています。

 

ヴィーガンにオススメの調味料はこちらの記事から↓

【ヴィーガンの方向け調味料】ケチャップ・BBQソースはヴィーガン?
ヴィーガン生活を送っている方にとって使える調味料は限られてくると思うので、乳や卵、バターなど、動物性のものを一切使用していない調味料をまとめました。意外と動物性のは言っているヴィーガンではない調味料と、銘柄によって変わる微妙なラインのものもリストしました。
新興宗教作ったよ!いいね押してね

▼目次

ヴィーガン生活、続けられる?

普段の生活でヴィーガンを意識していますが、外食や、友人のお宅にお邪魔した際などは、柔軟に臨機応変に生活しています。

牛乳や卵を使ったケーキやクレープが出されたら食べるし、蜂蜜が入ったジャムもあれば食べます。

 

お肉やお魚などの動物が体に合わないわけではありません。

正直スープの出汁で使われている動物性のもの、鰹節や、ホエイなどはほとんど気にせずに買い物しています。

普段の生活や、自炊の面では完全に動物は削除しています。

ヴィーガンというよりも、その場で柔軟に対応するフレキシタリアンという表現が適切なのかもしれません。

 

単純に動物と環境問題を考慮し、リスペクトした結果、送っている食事や生活内容です。

「ヴィーガン」という言葉が私の食生活を表現する上で完全に適切ではないと思いますが、ヴィーガニズムを尊重しているので、是非世間にも広がって欲しいなと個人的には思います。

 

しかし人の人生や生活は様々で、ヴィーガンの方みんなが同じ健康状態や精神ではありません。

それは、動物を食べる方も、もちろんみんな違う考えを持ち、体つきなように。

 

私は私なりの、できる範囲でヴィーガン生活をしています。

そしてこの生活を通してたくさんの幸せと感謝を得る事ができました。

消費することについて考えるようになった

生きていくには毎日何か必ず、消費する必要があります。
それは水や食べ物、ガス、電気、食べ物…あまりにも様々あり、私は当たり前のように、何も考えずに不自由なく暮らしてきました。
 
しかし自分がヴィーガンになり、動物に対してリスペクトすること、「動物を消費しない生き方」をする側に立ったことで今までの生活は動物の命をたくさん消費して犠牲にしてきたんだ、と後悔しました。
そして現在ヴィーガニズムに出会って気づけたと言う喜びの方が大きいです。
 
またヴィーガンになることで、エコにも貢献でき、地球温暖化を抑止できます。
動物を育てるのに必要な、餌になる草木を伐採することになり、干ばつや砂漠化、森林破壊による酸性雨などの気候変動などの原因にもなります。

また、畜産業からの温室効果ガスの排出量は、自動車や飛行機などの排気ガスすべてを合せた量よりも多いです。

このように一人の人生において動物の消費がゼロになることで、動物の命の犠牲だけではなく、地球環境にも大きく貢献ができるのです。

食べ物が自分の口に運ばれるまでの過程に興味を持つこと

またヴィーガンになる際に知った畜産の裏側。
今まで「美味しい」という理由でお肉を食べていたり、自分のエゴでお肉を食べないで残していた過去を後悔しました。
 
これはお肉ではなく、他の食材にも言えることで、私たちの食卓に運ばれるまで様々な過程があります。
野菜や果物、穀物も含め、それをスーパーに運ばれるまでに、たくさんの労働と資源が必要になります。
 
どんな食べ物にも感謝をして、消費しなければいけないと強く思い始めました。
自分が普段当たり前のように消費している物の過程に関して、もっとみんなが興味を持つべきだと思います。
お金を払ったから良い、と言うわけではなく、今一度消費について深く考えるべきではないでしょうか。

普段の生活がガラッと変わり、ミニマリストになった

現在はお風呂もシャワーで済ませているし、使っていない間は極力水を止めたり、電気はつけっぱなしにしない、なるべく電車などは使わず、徒歩で歩ける範囲は歩く、ゴミの分別をきちんとするなど、普段の生活習慣が一気に変わりました。
実際に自分の行動の一部を変えることで、どんどん連鎖して他の行動も変わっていきます。
 
私も最初はお魚は食べて、お肉を食べないだけという食生活でしたが、そのうち乳製品も一切取らなくなったように、最初から「完璧にヴィーガンになろう」とスタートするのではなく、自分ができそうな範囲から敷居を下げて始める方が長続きする秘訣かもしれません。
 
消費について考えることによって、自分にとって本当に必要なものは何か?と自問自答しながら生活をしています。
 
食生活に関して動物が必要ない→ウールな動物の毛皮を使った洋服もいらない→普段ものを持ちすぎていることに気づく→電気や水をつけっぱなしにもしないようにしよう
 
気づけば超ミニマリスト&エコな生活になりました。
そして本当に欲しいものだけに囲まれる生活が幸せでした。

何もないことで幸せになることで、全てのことに幸せになる

自分の余計な消費を減らすことで、本当に欲しいものや、小さなことで満足する心の豊かさを得ることができました。
 
 
自分には家族がいること、毎日おいしいご飯が食べられる、暖かいお湯でシャワーが浴びられる…日々の生活で必要なものが全て揃っており、これらを当たり前と思わなくなりました。
 
これに気づけた幸せはお金を払って買えるようなものではありません。
何もないことで幸せになることによって、全てのことに幸せになれました。
ヴィーガンになったことは健康や体のことよりも、精神面での方がメリットあるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました